中小企業とDX

DXとは?

:Digital Transformation(デジタルトランスフォーメーション)の略称。

デジタルによる変革を指し、デジタル技術を使って企業がビジネスを生み出したり、

消費者の生活が向上することを指します。


■経済産業省DXレポート(2018年)

経済産業省によるDXレポートでは、日本国内の企業が市場で勝ち抜くためにはDXの推進が必要不可欠であり、DXを推進しなければ業務効率・競争力の低下は避けられないとしています。

■DXの目的

:企業の競争力を高める。

2020年以降の新たなビジネス・スタイルに対応するためのデジタルシフトを計画し

段階的なDX推進を目指す事が求められています。金融業界がフィンテック(Finance×Technology)に参入している様にこうした動きによって競争力が高まり、また、追随出来ない企業は淘汰されていきます。



■中小企業に求められるDXの例。

旧式のソフトウェアの入れ替え

デジタル化による事業改善や組織改編

自社資産を活かした新規事業の推進

事業のオンラインシフト

オンラインサービス化

スマートフォンによるオペレーション

クラウド化

5G対応

SaaS(Software as a Service)

サプライチェーンの自動化

AI(人工知能)導入

VR(仮想現実)導入

AR(拡張現実)導入

ブロックチェーン・テクノロジーの利用


この様な世界的潮流の中で出遅れる我が国の中小企業には、攻めの姿勢へと転換する事が求められています。